for Business

Leading digital pen and ink technology

自治体の窓口の
電子化をサポートDigital Ink Solution

ワコムは20年以上に渡り培ってきたデジタルインクの技術を活用し、自治体窓口における届出申請の電子化を中心に、警察・消防の通信指令室でのコミュニケーション用途、裁判所の証言台における記述、気象庁のアメダスなど、公共機関のさまざまな分野で新しいICTソリューションをご提案しています。

最新導入事例東京都渋谷区
住民戸籍課

渋谷区役所はワコムの液晶ペンタブレットを活用した異動受付支援システムを住民戸籍課に導入し、住民に「書かせない」「移動させない」「待たせない」を基本とするワンストップの窓口を実現しました。
各種届出書類の電子化とともに、電子サインのみで届出が完了するソリューションを導入し効果を上げています。
住民側のメリットだけでなく区職員の働き方改革や窓口コミュニケーションの改善にも貢献した最新事例は、PDFをダウンロードしてご覧ください。

詳しくはこちら
(PDFをダウンロード)
Cursive in the cloud

ワコムの自治体向け
ソリューション

窓口の申請手続きCounter service

記入用紙の代わりに液晶ペンタブレットを窓口に設置し、住民が記入した情報を最初からデジタルデータとして保存できます。
職員による入力作業の軽減、検索性の向上や複数部署内への情報共有、書類の保管スペースの削減というメリットが期待できます。
また電子化により窓口での待ち時間が減ることが予想されますので、住民側の利便性向上と職員側の業務効率化を同時に実現することができます。

Cursive in the cloud

紙の申請書や訪問記録Application form

紙のワークフローの最適化もサポートしています。
例えば税務課の帳票など紙を複製したいケースや、住民や職員が紙へ記入するフローを変えずに電子化も同時に行いたいケースなどの場合は、バインダー型ペンタブレットをご提案しています。
持ち運びが可能ですので、福祉課のケースワーカーの記録ノートや、乳幼児健診のカルテ記録、マイナンバー交付申請を特設会場で行う際など、出先や複数の部屋に跨る業務で紙に記入した内容を入力したりスキャンする手間を省くことができます。

Cursive in the cloud

電子投票Electronic voting

ワコムの電子投票ソリューションは、平成14年から地方選挙に限って導入されている電子投票をサポートしています。

汎用機等を活用した電子投票システムの仕様に応じて、選挙管理委員会の方が導入をしやすい構成としています。
また無線機能を使わないのでセキュリティ面でも安心いただけるご提案を行っております。

ワコムの電子投票ソリューションなら、投票の際の誤字などによる疑問票がなくなり、有権者の意思を正確に反映することができます。
また職員側のメリットとしては、選挙の結果を迅速に正確に判明させることができるため、開票時の集計作業がかなり迅速になります。
もちろん、調達する際のコストも比較的安価となるようなご提案をしております。

有権者が実際に投票する際の操作としては、投票用紙ではなく、タッチディスプレイである液晶ペンタブレットを使って電子的な手書きによる入力を行い、候補者を選択することで投票が完了します。
そのため無効票を減らすことができますが、このシステムでは白票を投じることもできます。

Cursive in the cloud

製品ラインアップ

よくあるご質問(FAQ)

手書き業務の電子化を
お考えの
ご担当者様は
お気軽に
お問い合わせください。

デモ機の無料お貸し出しや、

ご要望にあわせた
ソリューションの

ご提案を行っております。